ついにこの日が来ました。 | 素子のブログ

ついにこの日が来ました。

日々のこと

素子(そのこ)のプロフィール

雪国でのんびり同棲中。
ブログでは、下のようなことを日々綴っています。

・モノや情報が少ない暮らし。
・心のままに生きる人生。

お盆に実家へ帰った時のことでした。



母に話したいことがある、
と言われました。



母とは、というか家族全員と、
私はうまくいっておらず、
お盆も帰るかすごく悩んだほどです。




自己紹介にも、家族との悩みを
少し書いています。

なので、何を言われるかドキドキしていました。



当日、実家に行くと、
「褒めてあげれなくてごめんね。」
と母が泣きながら謝ってきたのです。



「素子は努力していたよ。だから、
今までのことに縛られなくていいんだよ。」



思わず涙が出てきました。



母の説明を聞いていると、
若干、まだ誤解されている部分もあるけれど、



母と仲直りしよう、
と強く感じました。


母が謝ってくれたきっかけは、
祖母だったらしいです。



少し前に、祖母にひどいことを言われ、
祖母の顔や声を聞くのも嫌になっていたそうです。



それで、私との関係を
見直そうと思ったらしいのです。



人の痛みって、
自分が経験して初めて分かる、




改めて、そういうふうに思いました。



とはいえ、母も人間。



仲直りのあと、
さっそく、きつい一言が飛んできました。
(無意識なんですよね、完全に。)



帰ってから少々落ち込みましたが、



母の謝罪を思い出し、
「許してあげよう」と思い直しました。



あまりに理不尽なことを言われたら、
その時はちゃんと伝えようと思います。




でも、ささいなモヤモヤは、
気にしている時間がもったいないと思います。



私はやっと、気づきました。



私は今まで、
「こんなひどいことを言われた!」
と傷ついて、自信を失って、



みずからマイナスのパワーを
溜め込んで来ていました。



そう、人のせいにするって、
不幸になろうとすることなんですよね。




でも、まだ完全に納得はしてないけど、
「母を許そう」って思った瞬間、



プラスのパワーが体にみなぎった
感じがしました。



許すことは、前に進むこと。



ほんの少しでも、
相手のいい所が見えたら、
認めてあげること。



実は、他人を認めることって、
自分が生きやすくなるんだなって、
今さら感じました。




そんな一日でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
よければ、ポチッと応援お願いします♪
友だち追加
ブログへのご質問やご感想をお待ちしています♪
インスタはこちら!
ツイッターはこちら!



コメント

タイトルとURLをコピーしました